資産を上手に運用するために、株式投資はひとつの方法として人気があります

2013年10月08日

サラリーマンの株式投資

サラリーマンとして勤めながら、株式投資をする人は増えてきています。

ネット環境が整っていれば、仕事から帰っての時間や
仕事に行く前の早朝などに取引を行なうことも可能です。



株式投資スタイルは、人それぞれ、生活スタイルによっても違ってきます。

サラリーマンなど仕事をしながら株式投資を行なうには
自分が取り組める時間によっても 違ってきます。


大きく、デイトレード・スイングトレード・長期投資に分けられますので
自分にあうスタイルを見つけることが
株式投資で失敗しないポイントであるともいえます。




デイトレードとは、
一日の中で値動きの激しい銘柄や話題性の高い銘柄などを中心に
投資を細かく行なっていきます。

判断力、集中力がより重視されるトレードです。
名前の通り、市場が取引をされる時間帯に行なうため
サラリーマンには不向きと言えます。


次に、スイングトレードについてです。

これは数日から3ヶ月くらいの期間で
テクニカルチャート分析により
買いシグナルの出ている銘柄や、長期的に成長しそうな銘柄などを中心に行ないます。

テクニカルチャートを勉強し、
正確にトレンドの流れを読み取ることが必要になってきます。



一日中パソコンの前に座ってトレードする必要がないので、
サラリーマン
初めて株式投資を行なう人にも向いている投資スタンスです。



もうひとつ
長期投資は、数年にわたり長期的に投資を続ける投資スタンスです。
数年先まで見越した銘柄選びが利益を得るポイントのようです。



posted by 株式投資のプロ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。